ホーム    四川観光    チベット観光      雲南観光      長江三峡      ホテル  
成都観光お勧め
   

 
都江堰パンダ谷

都江堰パンダ谷-パンダ野生化基地
2011年、成都パンダ繁殖基地によると、パンダの野生化を進める基地は、もう工事中で、世界初となる大規模なパンダの野生化モデル基地が3〜5年以内に成都市都江堰市の玉堂鎮馬家溝に完成する予定である。この基地の総投資額は6千万元以上がかかる予算。基地の面積は133ヘクタールで、完成後、同基地にパンダを集め、科学研究 教育 観光を一体化した国際的な生態保護の教育 観光モデル区を構築する計画だ。関係者によると、同センターはパンダのオスとメスを野に放ち、その繁殖状況を追跡観察、条件が整い次第、子パンダ生活などの観察。
都江堰パンダ谷、開園
2012年1月11日午前10時、成都パンダ研究基地のパンダ谷、正式に園を開いて、パンダ谷の一期工事の完成式典も都江堰野生センターで盛大に行いました。6頭のパンダは、真っ先に自然の山の中にこられました。
この6頭のパンダちゃんは、3歳ほどで、発育が早くて、生存能力も強いです。成都パンダ基地は、もう一年間かかって、パンダの家系と健康と性別と遺伝などから観察を行って、最終は108頭のパンダちゃんから、この最初のパンダ野生隊をを選びました。
最初パンダ谷に来られたパンダちゃんの名前は、星蓉、星雅、功仔、迎迎、芝芝、hhといわれました。今は、和歌山動物園関係の奥奥、莉莉は、住んでいます。

 




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<<<前 ---------------------------------- ---------------------------------------後>>>