ホーム    四川観光    チベット観光      雲南観光      長江三峡      ホテル  
雅安市観光お勧め
   

 
雅安パンダ基地

雅安碧峰峡パンダ基地(雅安パンダ基地)について
成都から雅安パンダへは、約160キロで、碧峰峡パンダ基地は臥龍パンダ基地の付属基地で、2003年12月28日正式にオープンしました。敷地内は四川省の山奥に似せて整備されており、パンダたちは野生に近い環境で生き生きと過ごしています。最初パンダの数は僅か20頭ぐらいでしたが、2008年ブン川大地震で破壊された臥龍パンダ研究センターから30頭近くのパンダが移ってきました。2008年7月双子のパンダが生まれたことを始め、年には計13頭のパンダの赤ちゃんが生まれました。今碧峰峡パンダ基地のパンダ数は61頭、子供パンダ数は13頭もあります。パンダ基地ではパンダとの抱っこ写真、パンダ飼育体験などのサービスを提供しています。中国政府や国連の支援により、各分野の科学研究を応用し、絶滅に瀕しているパンダの数を増やして野生に戻し、生態環境を保護することを目的としています。多少の起伏があり、入場者は往復約5キロの竹林の散策道を歩いてまわることになります。足腰に自信のない方、歩き疲れた方は、有料の観光用自動車の利用もおすすめ。

四川省パンダの概況
パンダは中国特有の野生動物で、チベット高原東部から四川盆地西側に大部分が生息している。現在、全国のパンダ総数は人工繁殖も含め一千頭あまりまで増加し、中国全土で23のパンダ自然保護区が制定されている。昔から野生のパンダは、気候や食物の便利さから、四川省に多く、四川省は”パンダの故郷”と呼ばれている。四川省雅安市碧峰峡は、成都市より南方、約170km 車で3時間)でで総敷地面積716u、パンダが初めて発見された「上里古鎮」が近くにある。碧峰峡風景区入り口より、専用バスで約10分。さらに電気カートに乗り換え、保護基地へ。社会自然環境保護に携わる専門家の意見を基に、碧峰峡パンダクラブは以下の活動を行っています。

 

パンダボランティアルール  パンダセンターにおいて、ボランティアの皆様が十分にパンダの飼育体験の皆様、
パンダボランティア注意事項など
1、パンダ舎に入る際には必ず身なりを整え、飼育員の指導のもと飼育活動に携わり、個人の判断で活動しないこと。
2、パンダは肉食動物類に分類され、凶暴性を備えており、人を傷つけます。
  ボランティアの方は、パンダの檻の1メートル以内に近づかないでください。
  又、勝手に檻の窓や入り口の開閉を行わないで下さい。
3、パンダとの良好な信頼関係は、長期にわたるパンダへの愛情ある行為により得られるものです。
  パンダは知らない者に対して非常に警戒心を抱くため、餌やりは離れた場所から飼育員が与えるのを見守り、
  決して一人でパンダに餌やりをしないでください。
4、パンダ母子の獣舎で掃除禁止。飼育員の補助として、棹を渡したりするのみです。
5、労働中のパンダ親子の撮影禁止。労働に影響のない時間帯で、事前申請にて、パンダ舎清掃時に、家庭用カメラでの撮影可能。
  例えば、飼育者がパンダの竹を移動させたり、果物などを差し入れたりする写真を撮るなど。
6、飼育員の指導の下でのみ、パンダ専用食材、果物の準備をする。事前に必ず丹念に手を洗い、消毒。
7、施設内、勤務中は禁煙。

 

 

 

 

 

---------------------------- ---------------------------------------